頭痛の種類

考える

ストレスに起こる頭痛にはいろいろな種類があります。誰もが体験したことがある頭痛には偏頭痛があり、頭の一部が痛くなる症状が特徴です。人によって痛み方は様々ですが、脈打つような痛みを放ち、仕事や勉強に集中できなくなる場合もあります。深刻化すると偏頭痛だけでなく、吐き気やめまいが現れたり、光や音に過敏になったりすることもあります。このような偏頭痛がひどくなった場合、うつ病や心身症を患っている可能性も高いため、生活習慣を見直すだけでなく、ストレスを解消することが解決のカギになります。

頭部全体が痛むことが多いものには緊張型頭痛が挙げられます。慢性化すると毎日頭痛に悩まされる場合も少なくありません。痛む場所も広く頭だけでなく、首筋まで痛む人もいます。緊張型頭痛が起きても、仕事が出来る場合が多いですが、集中力が切れやすくなります。このような症状を引き起こさないためには、ストレッチや体を温めることが大切です。あまり運動をしない人や冷え性の人も起こりやすいと言われるので、事前に対策を行うことが大切です。

偏頭痛や緊張型頭痛と比べると聞き慣れない珍しい頭痛には、群発頭痛が挙げられます。日常的にはあまり症状が現れませんが、季節によって引き起こされる場合が多いと言われています。頭痛の中でも珍しく目の奥がひどく痛むため、我慢出来なくなる人が多いものです。
この症状には飲酒や喫煙が原因で起こる場合がありますが、それ以外にも強いストレスによって自律神経が乱れていることがあります。人によっては気圧によって症状が起きている場合もあるので、医師に相談することが重要になります。

TOP